ミョウバン石鹸がワキガに効果を発揮?!

体臭を消臭するということでテレビや雑誌で何度か特集されているミョウバン。自宅でも作れるミョウバン水は有名ですが、最近ではワキガ対策用としてミョウバン石鹸が多く売られています。それだけミョウバンが注目されているようです。そのミョウバン石鹸はワキガにどの様に効果を発揮するのでしょうか?

 

ミョウバン豆知識

一般的に使用されているミョウバンとは硫酸カリウムアルミニウムであり、漬物の発色をよくしたり(ナスの漬物は有名ですよね)、沈殿剤など様々な用途があり、古くは古代ローマ時代から消臭剤として使われていたようです。そのミョウバンを水で希釈し、1日置けばミョウバン水が出来上がります。ミョウバン水をスプレーに入れて噴射し、ワキガ対策に使用している方も多くいるようです。またミョウバン石鹸はそれを使って臭いが気になる箇所を洗うことで効果を発揮します。ミョウバン石鹸はミョウバン水に比べると作るのに手間がかかるので、市販で購入するのがいいかと思います。

 

ミョウバン石鹸の効果って?

 

最近ではミョウバン石鹸にハーブの香りを付けたり、更に抗菌効果の成分をプラスしたもの等、様々な物が多く売られているようです。価格は1000円から2000円と高いです。どの会社でもミョウバンの殺菌作用、消臭作用を売りにしていて、肌が清潔になることで細菌が発生しにくい肌となり、体臭やワキガの臭いを軽減できる作用があると謳っています。

 

商品にもよりますが、人気があるミョウバン石鹸の口コミを見ると、その効果はわりと高評価であることが多いです。ただ残念なことにミョウバンが水に溶けやすい性質なので、ミョウバン石鹸も溶けやすいのが難点です。普通の石鹸に比べると遥かに価格が高いのに、溶けやすいとは残念過ぎます。口コミでもこの点がマイナスであると指摘している方が多くいました。またメーカー側も部分使用を勧めているところがほとんどです。

 

 

ミョウバン石鹸だけじゃぶっちゃけわきがは治らない?

 

ミョウバン石鹸の効果は殺菌や消臭ですが、ワキガはそれだけでは改善されません。

 

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗によるものではありますが、ワキガをひどくしている原因は生活習慣にあるからです。動物性たんぱく質や動物性脂をたくさん摂取すると、臭いが悪化します。

 

また運動不足により血行が悪いのも悪化させる原因です。ミョウバン石鹸を使用しつつ、そういった生活習慣も見直していく必要があります。それでも臭いがひどければ、ワキガのために作られた制汗剤なんかを併用するのも手です。最近では、自然由来の成分で肌に優しい制汗剤も発売されているので、そういったものを使うのもお勧めです。ワキガの主な原因はアポクリン腺ですが、紹介したように様々な原因で悪化するため、ワキガ対策は1種類の方法ではなく、たくさん取り入れた方がいいでしょう。